スマホが普及より、子どもがスマホを使う危険性や視力低下などが問題視されていますが、親のスマホ依存というのも問題になっています。
果たして、親のスマホ依存は子どもにどんな影響を与えるのでしょうか。

親子のコミュニケーションが滞る

連絡や調べもの、アプリなど様々な用途があり、とても便利なスマホは保護者様もご使用している方が多いと思います。
便利なのは良いのですが、依存しすぎるのは良くありません。
スマホをさわっていないとイライラすることはありませんか?

思い当たる方はスマホ依存症の可能性があります。

さらに、スマホをさわっている間は、画面や操作に集中してしまう為、様々なことが滞りがちになります。
家事や子どもの世話などが怠りがちになる人も中にはいるようです。
だからと言って、スマホをしながら、何か他事をするのは危険です。
思わぬ事故につながりかねませんのでやめましょう。

また、子どもへの影響も大きいです。
言葉をしゃべる前の赤ちゃんは、親さんとのコミュニケーションによって言語を学習します。
しかし、親さんがスマホに夢中になり、赤ちゃんへのコミュニケーションが少なくなると、無表情になったり、しゃべらなくなったり、泣かなくなってしまうことがあります。

それに伴い、言葉を発するのが遅れたり、コミュニケーション能力が低下したり、社会を生き抜く力が養われずに身体だけが成長してしまいます。

幼児の場合は、幼児が見てほしいこと、聞いてほしいことに対して非情緒的な態度を取っていると、無表情で、やる気がない人間に育つ可能性もあるようです。

また、スマホを与えると子どもが静かになるからと言って、スマホを渡しておとなしくさせようと言うのも良くありません。
今度は子どもがスマホ依存になってしまいます。

スマホ依存の予防法は…?

スマホは、目への負担が大きく、同じ姿勢で画面を見続けるため、肩こりなど体への負担も大きいです。
親がスマホに依存している場合、子どももスマホ依存気味な傾向にあるはずです。
おとなしくなるからといって、子どもにスマホを貸したり、見せたり、与えないように気をつけましょう。
また親が見ていると子どもも気になってついつい見てしまうので、子どもの前では、親もスマホを我慢することをお勧めします。

スマホはほどほどにして、子どもにしっかり向き合うことを心がけましょう。