ご存知ですか?

2018年度から英語教育が変わることを!

2020年度から実施される次期学習指導要領で小学校の英語が拡充されることに備え、2018年度からの2年間を移行期間と位置づけ、英語の授業を前倒しで増やすとされています。

では、いざ英語の教育改革が始まると、どのような変化があるのでしょうか?

現在は、小学校5・6年生で外国語活動として年間35単位時間(週1コマ程度)実施されていますが、2020年度からは小学校3・4年生で35単位時間、小学校5・6年生で年間70単位時間の実施が予定されています。

また、これまでは扱う語数の規定はありませんでしたが、今後は小学校の間に600~700語程度にふれると定められました。

現在中学校で扱う語数が1,200度程度なので、小学生のうちから多くの語彙にふれることになります。

そして、小学校5年生からは英語が「教科」となります。

つまり、全国一律の教科書が配られて、成績がつくようになるということです。

最初はアルファベットの読み書きからはじまって、身近な単語や国の名前、最終的には簡単な英文まで読んで書くような授業になります。

なぜ小学校5年生から読み書きをさせるかというと、中学校以降の学習にスムーズにつなげるためです。

しかし、こうした教育改定を目前とする中で、具体的にどのように対応・対策をしていけばよいのか、頭を抱える親さんも多いのではないでしょうか?

小学校まで全く英語にふれてこず、興味・関心のない子どもたちに、いきなり英語の授業が義務づけられても、すぐに興味・関心を持ち、英語を学び始めるのは難しいのではないでしょうか?

このような点から見ても、英語の習いはじめから「英語に興味がある子」と「英語に興味がない子」がはっきりと分かれます。

しかし、英語に興味を持つようなきっかけを家庭で作っていけば、子どもたちも自然に英語に興味を持つようになります。

ちょっとしたきっかけを作ってあげることで、英語に興味がない子でも、やがて興味を持つようになるのです。

例えば、

「英語の歌を聴かせる」

「英語の絵本を読み聞かせる」

「英語カードで遊ばせる」

「アルファベット表をよく見る場所に貼る」

「普段の生活にちょっとした英会話を取り入れる」

「字幕での映画鑑賞」

などなど、家庭でもできることはたくさんあります。

どの教科にも共通して言えることですが、興味・関心があるというのは、それだけで頭に入りやすかったりするものです。

好きな戦国武将がいる子どもが、社会の戦国時代の単元テストで、他の単元に比べ高得点をとるということはよくある話です。

英語の教育改定を控え、まずは子どもたちが英語に興味・関心をもつきっかけ作りから始めてみるのも対策の1つと言えるでしょう。