岐阜県西濃地区、大垣市の中学生・高校生の定期テスト対策~受験に合格するための学習塾・進学塾なら輝泉塾グループ

輝泉塾の講座カリキュラム

輝泉塾の指導カリキュラムは、学校の指導要領に基づき作成された基本進度と実際に行われている学校の学習進度を参考に、輝泉塾内で行われるカンファレンスにて随時修正を加えながら作成・実践しています。
つまり、輝泉塾における指導カリキュラムは個々に様々で、生徒一人ひとり異なります。

もう少し具体的に説明いたします。

これまでに勉強してきて定着していることと定着していないことは人により異なります。

高校3年生だけれど、高校1年生の内容が定着していない人は高校1年生の内容にさかのぼって学習します。さらに、中学1年生の内容が定着していない人は中学1年生の内容にさかのぼって学習することもあります。
(もちろん、高校3年生の内容もやらないといけないですから、勉強量はその分増えます。)
つまり、輝泉塾では空間は共有しますが、使用するテキストや学習ペースは一人ひとり異なります。

例えば、高校3年生になって英語の長文を読もうと思ったとき、スラスラと読めない人はどこから勉強したらよいのでしょうか。
・英単語の意味が分からない。
・文章を声に出して読めない。
・名詞、動詞のような品詞が分からない。
・一文、一文は読めるが、全体を通して何を言いたいのか分からない。
・文章を読むのに時間がかかる。
分からないポイントは人によって違うのではないでしょうか。
これまでの一般的な指導は効率を重視して一斉に同じ内容を指導します。
ですが、わからないポイントは個々に違うため理解度に差が出てしまうのです。

高校3年生だからといって英語の長文を読む練習をすることが適切な生徒と適切でない生徒をしっかりと見極めて学習指導をしていきます。そうでなければできるはずの生徒ができないと決めつけられてしまう可能性もあるのですから。

もし高校3年生で英語の基本文が書けないならば、高校1年生の内容や中学生の内容にさかのぼって学習を進めます。そうなると違うテキストを使うことになります。つまり同じ時間帯に授業は行うものの人により使う教材は異なり進度も異なります。

成績が伸び悩む生徒の多くは、現在学習している内容が理解できていないのではなく、過去に学習した内容が定着していないことが原因です。

こんなとき、当然高校3年生で学習している内容と過去の復習とを並行する必要が出てきますから生徒によって指導方法を変えます。
負荷がかかっても成績を求めるのか、時間をかけて着実に成績を伸ばしていくのか。

このあたりは、本人の希望と保護者様の希望とがありますので、随時ご相談させていただきながら進めていきます。

2週間無料体験受付中!お気軽にお問い合わせください TEL 0584-73-3981 電話受付時間 月曜日~土曜日 14:30~22:00

岐阜県大垣市林町5-71-5 輝泉塾グループ本部

PAGETOP
Copyright © アクアテラス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.