部活で培った集中力や忍耐力は受験を乗りきる大きな力なると言われています。

しかし、それは引退後すぐに受験勉強へと切り替えることを前提としています。

ではどうすれば、子どもの気持ちは受験勉強に向きやすくなるでしょうか。

 

引退後は燃え尽き症候群に気を付けろ

部活の種類によって引退時期が異なりますが、5、6月頃から引退するケースが多いようです。

引退してすぐに割り切って受験勉強へと切り替える・・・

すぐに切り替えられる方はなかなかいないのではないでしょうか。

部活の引退後、ボーっと抜け殻のように放心状態になったり、帰宅後に何をするでもなくダラダラ過ごしていないでしょうか?

そんな症状が見受けられる場合は「燃え尽き症候群」を疑う必要があるでしょう。

燃え尽き症候群とは一生懸命に物事に打ち込んでいた人が、急に全てにおいて意欲を失ってしまう状態のことです。

 

実は本人が一番わかっている!?

部活だけに全力を注いできた子どもほど、こうした状態に陥る可能性が高くなります。

家で正直ダラダラした姿を見ていると保護者様は叱りたくなると思います。

しかし、本人にとっては全てを注ぎ込んだ部活がなくなり、今後の目標が失われた状況です。

「早く勉強始めないと」と言いたくなりますが、これ以上言ってもつらくなる一方です。

勉強しなくてはいけないことは、本人が一番よくわかっているはずです。

ですから保護者様はそばでそっと見守ることに専念し、たくさん子どもの相談を聞いてあげましょう。

そしてその際は、部活での努力を認めしっかり認めてあげることが重要となります。

子どもの気持ちを理解し、焦らせずに情緒的対応を取ることで、徐々に気持ちを切り替えることを始めるでしょう。

不安や焦りで勉強に向かわせるような言葉はかけないようにしましょう。

 

「しばらく休む」という発言には要注意!

部活を終えて、燃え尽き症候群ではなくても「しばらく休んでから受験勉強を始める」などと、猶予期間を求める子どもも少なくありません。

しかし、この考え方は要注意です。

ちょっと休んでから始めるつもりが、時間の余裕ができて娯楽の誘惑に負けてしまい、気持ちを切り替えるタイミングを逃してしまう恐れがあるからです。

部活に注いだ時間と情熱を、そのまま勉強に移行するイメージをもたせましょう。

一旦休んで歩みを止めてしまうと、再び受験に向けての生活習慣を作らなくてはならず、余計に負担がかかってしまいます。

できるだけ早めに気持ちを切り替えられるようにしましょう。

 

身近な目標を立てること

受験をあまり意識していなかった子どもは、勉強の多さに意欲を喪失してしまうかもしれません。

目標が漠然としすぎるとやる気はなくなります。

「10ページ問題を解く」「すぐに帰宅して勉強する」など、スモールステップで目標を立てていきましょう。