今回から、前回例にあげた苦手になりやすい理由を1つずつ説明していきたいと思います。

分からないと思った問題はすぐに誰かに聞いて解決する

分からない問題を聞くというのは、自然な行為であり、別に否定するつもりは一切ありません。
ただ、数学という科目は、暗記をする科目ではなく論理を学ぶ科目です。
論理力、言い換えれば、物事を筋道立てて考える力を学ぶには、自分で考える時間を作ることが必須なのです。
他人に1から10まで解答を教えてもらっては、物事を筋道立てて考えたことにはなりません。
要するに、自分で解答が出せるかということではなく、分からない問題でも常に考えるクセをつけることが大事です。
考える時間がもったいないという方もいらっしゃるかと思いますが、「考えずに聞いて解決した問題」と、「考えて、悩んだ後に聞いて解決した問題」では、圧倒的に後者のほうが印象に残りやすいです。
つまり、理解度や時間効率という点に関しても後者のほうが断然優れていることがわかるかと思います。

 

授業が分からないとすぐにあきらめる、もしくは寝てしてしまう

数学は一度分からなくなると、次からどんどん分からなくなっていく科目です。
つまり、一度あきらめたことによって、次からの授業内容が理解できなくなるということです。
では、どうすればよいかというと、授業中もしくは授業が終わった後に必ず誰か(先生や友達など)に聞いて理解するようにしてください。
授業中は分からなくても必死に理解しようと努力し、板書やメモを必ずとるようにしてください。
これが、理解するためにもしくは理解した後の学習に必ず役に立ってきます。
寝るというのはそもそも意識的に問題があるので、まずは寝ずに授業を聞けるように努力してください。

 

ほとんどの計算はいつも暗算ですませ、途中式をかかない

計算が簡単になればなるほど起きやすい現象です。
また、暗算での計算が多い人に限って計算ミスが目立ちます。
計算ができるから暗算をしているのかと思いますが、所詮、暗算でも間違えたらできていないのと同じです。
また、途中式を書かないことは学習する際にも効率が悪いです。
なぜなら、間違えたときに、計算ミスが原因なのか、そもそも考え方が間違っていたのかが判断できません。
特に、自分ではなく第三者がその解答のチェックをするとなると何を間違えたのかわかるはずもありません。
できないところや自分の間違えやすいところを見つけ、もしくは見つけてもらい、それを直していくことが数学をできるようにするための一歩ですから、暗算で計算をすることは極力避けましょう。

今回はこれで終わりです。
次回に続きます。