文章問題はキーワードを見つけろ!

文章問題を解くためにするべきことは何でしょうか。

このような経験はありませんか?

「この問題どうやって解くんだっけ?」

前に解いた記憶はあるけれど、解き方を思い出せずに解けなかった問題はないでしょうか。

数学を学ぶ上で心がけてほしいことがあります。それは、

“解き方を覚えようとするのではなく、理解する”

この問題のときはこう解くみたいないわゆるパターンで学習するのは、その問題が解けるだけであって問題を理解しているわけではありません。

解き方を理解することで、問題を見たときに何もわからない状態であっても、もしくは初めて見る問題であっても、その問題を考えるきっかけができます。
解き方が分からない文章問題に対しては今までに学んだ知識で何か使えるものはないだろうかと考える必要があります。
そして、どの知識を使うかは基本的に問題文に丁寧に書いてあります。
その書いてあることを見逃さずに考えることができれば問題を解く第一歩となります。
そして、このことができるようになるためには反復をおこたらないことが大事です。

まずは1つの例題に対して解き方を理解します。
その後、自分が本当に理解しているかを確かめるために例題に似た問題を解きます。
少し問題の形式が変わったとしても問題が解ける場合はその問題を理解したということになります。

逆に問題形式が少し変わっただけで解けなくなる場合は例題の理解が不十分であることになります。
どのような理解が足りていないのかを追及することが大事になってくるでしょう。

また、数学の定着度を表す1つの基準として、ある問題に出会ったときに、

“いつどのときにでも同じ解き方ができるか”

というのは大事な要素になってきます。

逆にいうと、日によって違う解き方をするということは、その場で思いついた方法で解いているということであり、解き方が思いつかないときは解けない可能性があるということになります。
では毎回同じ解き方をするためにはどのようにしたらよいのでしょうか。

同じ解き方をする方法として、特に文章題ではキーワードに反応できるかが大事になってきます。
キーワードといっても全てが暗記しなくてはいけないものでもありません。
例えばどんなに複雑な図形が出てきたとしても、「三角形の面積を求めなさい。」とあれば「三角形の面積」というキーワードに反応して「底辺×高さ÷2」をしようとするだけのことです。
どんなに難しい問題が出てきたとしても、基本的に考えることは同じで、普段通りに基本に忠実に問題を考えることができるかが大事になってきます。
こういったキーワードに反応できるようにすることによって、数学の問題を連想ゲームのように解くことができます。

数学の問題には必ず何かその問題を考えるきっかけがあります。
そのきっかけをキーワードを利用することによって見つけやすくすることが文章題を解く大きな一歩になります。

つまり、一見難しそうに見える問題でも基本問題と考えることは変わらないということです。