「用言」はとはどういう意味なのか、または何を指すのかご存知でしょうか?

「用言」とは、動詞、形容詞、形容動詞のことをさします。

 

動詞、形容詞、形容動詞の詳しい説明は後で解説します。

ここでは軽く抑える程度にしておきましょう。

 

用言は、「自立語」で「活用がある」単語です。

自立語はご存知ですか?

自立語は、それ一語で意味が分かり、単独で文節が作れる言葉です。

 

「活用」とはどういうものかご存知ですか?

活用とは、下に続く言葉によって、語形が規則的に変わるものです。

 

たとえば、「動く」という用言(これは「動詞」)ですが、 下に続く言葉によって次のように語形が変わります。

「動かない」「動いて」「動けば」などです。

 

また、今回は軽く「動詞」「形容詞」「形容動詞」について触れます。

「動詞」は、動作や存在を表す単語です。ウの段で終わるのが動詞です。

たとえば、「動く」「飛ぶ」「投げる」「打つ」などです。

 

次に、「形容詞」ですが、形容詞は、性質や状態を表す単語です。

「い」で終わるのが特徴です。

たとえば、「白い」「悲しい」「楽しい」「嬉しい」などです。

 

最後の「形容動詞」ですが、形容動詞は形容詞と同じく、性質や状態を表す単語です。

形容詞と形容動詞のちがいは、「い」で終わるか終わらないかのちがいです。

形容動詞は「だ・です・な」などで終わります。

 

 

用言の練習問題

次の用言の品詞名を答えよ。

 

(1)長い  (2)きれいだ  (3)笑う  (4)難しい  (5)簡単です

 

 

できましたか?

(1)は形容詞、(2)は形容動詞、(3)は動詞、(4)は形容詞、(5)は形容動詞です。

用言は入試でもよく問われますのでしっかり押さえておきましょう!