「問題の意味が分からないから全然進まなかった」

「この問題が難しくて時間がかかってしまった」

そんな経験ないでしょうか。

これでは、時間を無駄に消費してしまうだけです。

どうすれば時間をかけずに効率的に勉強することができるのでしょうか。

それは、いきなり問題とその答えを覚えることです。

これよりも早く勉強を進められる勉強法はありません。

 

例えば

A君は「問題を30分かけて取り組んだがわからないところを考えていたので2問しか解けなかった。」

 

B君は「問題を30分間かけて取り組んだ。すぐに分からないところは答えを見て、その後、解答を見ないでできるようになるまで取り組みました。」

 

明らかにB君の方が早いことは分かると思います。

仮にB君がA君の倍の勉強量を同じ時間で取り組めているとすると1年で莫大な差をうみます。

もちろん、写すだけでは効果を発揮しません。

答えを見た上で、自分なりの言葉で説明できるようにし、それを暗証したら答えを書き込む。

これが覚える上で大事な作業となってきます。

それでも分からないところはチェックをし、できるだけ早いうちに学校や塾の先生に聞き、解決しましょう。

そして、その後の復習を怠らないことが、記憶に長くとどめておく秘訣です。

分からない部分はどれだけ考えても答えが出ないことが多いですので、正しい答えを熟読して自分のものにしていく方が近道なのです。