「勉強は一人でするものだ。」

「ライバルがどうかではなく、自分がどうするかだ。」

という言葉をよく耳にします。

もちろんそれも一理あります。

しかし、成績を上げていきたいのであればライバルは必要となってきます。

ライバルと言っても「あいつに勉強だけは負けたくない」・「スポーツで勝てなくても勉強で勝ちたい」といった相手でもかまいません。

 

カリスマ性のある成功者は必ずライバルや敵をたてて取り組んでいきます。

スポーツの世界でも同じです。

どんなオリンピックの選手でも必ずライバルあるいは目標とする選手がいます。

裏を返せば、ライバルがいない選手は途中で成長が伸び悩んだり、良い結果を残せずに選手生命を終えてしまうことが多いのです。

『ライバルがいるから頑張れた!』というのは様々な世界で証明されているのです。

 

それでは、ライバルをどう見つけたら良いのか?

自分のライバルはどこにいるのか?

そういう場合は、自分からライバルを作っていくことが大切になります。

同じ目標を持っている人を募っていくなかで、必ずライバルになるお友達に出会えるはずです。

 

一番大切なのは、そのライバルと友好関係を築きながら競争してお互いに高め合えるような仲になることです。

 

さらに、仲間を増やすだけでなく、もっとまわりを見渡してライバルになりそうな人を捜してみるのも良いでしょう。

例えば、休憩時間中に古文単語帳を手に持っている人はいないか?

もしそういう人を見かけたのであれば、その人同じ目標を目指すライバルになれる人かもしれません。

古文単語の問題を出し合いっこして対決するとより効率が上がりますから、お互いに高め合える関係になることが出来ます。

 

何かを目指して頑張っている人は、探せば割と身近にいるものです。

そういうひとは、ひっそり隠れて努力をしています。

だからこそ、そういう人に勇気をもって話しかけ、良きライバルとしての友好関係を結ぶのも良いでしょう。

 

どうしてもライバルが見つからない場合ももちろんあります。

「自分と張り合えるくらいの人がいない」

そんな場合もあると思います。

そんな時は、最後のボスとして自分をライバルにするのも良いです。

自分を超える相手がいないのであれば、現在の自分を超えられるのはこれから成長する自分しかいません。

昨日の自分をライバルにし、今日の自分がどこまでいけるか・どこまで高めていけるか挑戦してみるのも良いです。

 

それでもライバルにお困りの方はぜひ、輝泉塾・彩心塾へお越しください。

たくさんの仲間が目標に向かって一緒に取り組んでいます。

きっと、一緒に勉強に立ち向かう仲間・ライバルに出会えるでしょう。