問題の構成

・リスニング

・長文総合(適文・適語選択、英問英答、指示語の内容など)

・長文読解(内容把握、整序問題、適題選択など)

・読解(問答・応答)

・英作文(条件作文)

 

英語1リスニング

会話文や選択問題を中心に構成されており、英文は2回繰り返して読まれます。

記号選択もありますが、理由を求められる記述の問題も必ずあります。

日頃から英語を聞き慣らし、耳を肥やしておくことをお勧めします。

英文は一定のスピードで読まれるので、見直しをする暇はありません。

迷わず答えられるように訓練しましょう。

 

英語2単語・文法

単語・連語については、それ事態を直接問う問題はありませんが、長文中の適語補充問題や整序作文などの中で、知識が必要とされます。

また、文法についても同様、文法を直接問う問題はありません。

 

長文を読むときや英作文のときに知識が必要とされます。

その際、同時に単語・連語の知識も求められます。

英語の問題を解くためには、必要最低限の単語・連語を知っていて、それを正しく運用できることが大切です。

1つずつ新しく出てくるそばから覚えていく根気も必要ですが、その一方で、しっかり分類・関連づけをして、頭の中でまとめておきましょう。

 

英語3会話文・長文読解

長文問題の量が多いことや英作問題があることを考えると、時間との勝負になってきます。
長文読解を正確かつスピーディーに読めるかが英語攻略の大きなカギとなります。

長文中の単語・連語は中学校で習ったものが出題されていますが、早く正確に読める練習を何回も繰り返して練習しておきましょう。

 

対話文の問題も出題されるので、対話の内容と流れをしっかりと押さえて読むことを心がけましょう。

会話表現は助動詞や命令文などといった文法もよく出ますので要注意です。

また、疑問詞や接続詞が使われていることが多く、それらを覚えておけばスムーズにだいたいの話の内容を把握することができます。

対話文の空所補充や同意文との書き換えなどの問題に慣れておきましょう。

 

英語4英作文

イラストを英文で説明する形式の問題となっており、難易度は高めです。

また、3問ある長文読解問題の中にも整序作文が出題されることもあります。

ポイントは簡単な日本語に置き換えることです。

いかに自分の知っている知識で説明できるかがカギになりますので、日頃から日本語から英語に変換する習慣をつけましょう。

読解問題対策、英作対策はじっくり取り組む必要があります。

過去問対策の時間をしっかり取ることをお勧めします。