お子様を心配しすぎて親が世話を焼きすぎてしまうことは良くある話です。
しかし、手助けをしすぎるのは良くありません。
親が勉強に口を出しすぎると、子どもの自主性や考える力を損ない、指示待ち人間になってしまいます。

しかし、夏休みは、親子で過ごす時間も長いため、子どもの行動が良く見えます。
それによって、親が子どもを過剰にかまってしまい、子どもが親に依存する状況を生まれやすくしてしまいます。
それでは、どのようなサポートをしていけば良いのでしょうか?

目標や計画は自分自身で考えてたてる
夏休みは時間を有効に使えないのは非常にもったいないですし、ライバルに差を付けられてしまいます。
長期休みは根気強さを養うチャンスでもありますので、しっかり無駄の内容に計画を立てていきましょう。
最初はラジオ体操に毎日参加する、家庭学習を毎日1時間がんばるなど、簡単な取り組みで構いません。
毎日続ける習慣をつけることが大切なのです。
無理なく達成できる目標設定を最初はしてみましょう。
目標を簡単なものにすることで、取り組みやすくなります。
長い時間をかけて一つ一つ確実にやり遂げることは子供に達成感を感じさせ、やる気や自信にもつながります。
一番のポイントは、目標や計画は親でなく子どもがしっかり考えて決めることです。
親が子供の目標を決めてしまうと、それは自分のためではなく親のための取り組みになってしまうので、やる気が一気に失われてしまいます。
子供の責任感や意欲を引き出す意味でも自分自身で考えて決めてもらいましょう。

子どもにはプラスの言葉かけをする
夏休みの子どもの取り組みを親としてはぜひ頑張ってほしいと思うものです。
「頑張ったら、好きなものを買ってあげようかな」「約束を破ったらお小遣いを減らすかもね」と、程よい報酬と弱めの脅しを使い分けることも時には必要でしょう。
しかし、子ども自身の「学びたい」「面白い」「もっと知りたい」という気持ちを育てなければ、集中力や根気というものは持続しません。
いかに親がその気持ちを引き出せるかが大きなカギとなります。
例えば、「勉強しなさい」や「サボるな」などの声掛けよりも、「いつも以上に頑張ってるね!」「この部分がいいね」などのプラスの声掛けをオススメします。
子どもは親から褒められたいと思うものです。
親の情緒的対応により、子どもは満足し学ぶ楽しさを感じ、もっと頑張ろうと努力し続けることができます。

夏休みの工作系のサポートについて
夏休みの自由研究や工作は、子供の根気や集中力を養うチャンスです。
しかし、ここでも親のサポートが行きすぎてしまうと創造性すらも失ってしまいます。
夏休みの工作は、できれば、子供自身が最後まで取り組み、親は見守るという形がベストです。
そのためには、何を作るか、どんなことに取り組むかを決めるとき、子供一人でも取り組めるほどよい難しさを見極める必要があります。
子どもの興味・関心に沿った内容で、子どものスキルに合った課題を探し、提案すること。
それこそが、親の重要なサポートなのです。
また、自由研究や工作を最後までやり遂げるには、完成した後にそれをどういかすのかがポイントになります。
目的がはっきりしていると、作りがいがあり子どももやる気が出るはずです。