「真面目に勉強頑張ったのにテストの結果が悪かった」

という声を多く聞きます。

今回は、音読を通してどのような学習をしていくと良いのかをお話しさせて頂きます。

 

勉強しても伸びない子どもについて

勉強嫌いな子どもは学校では授業に興味が持てず、授業の内容が頭にインプットされず、家庭学習もままならないです。

勉強嫌いな子どもは、昔も今も一定人数存在します。

しかし、現在問題としているのは、「勉強しても学力が伸びない子ども」です。

現代では「勉強しても学力が伸びない子ども」が増えてきており、学力低下に繋がっていると騒がれています。

最近学力面で伸び悩む子どもの中にはきちんと勉強を頑張っていて、学習塾などにも通ったりしているのにも関わらず成績が伸びない、という事例が多いです。

こうした事例の共通点に注目してみると、国語力が身についていないということが浮上してきます。

国語力は主に以下の2つの力が必要となります。

文章を読んでその内容を読み取る読解力

自分の考えを文章として表現する文章力

この2つの力の低下こそが、勉強しても伸びない子どもの共通点です(個人的な意見ですが…)。

 

どうしたら国語力を養えるのか

国語力を養うためには、文章構成を見抜く能力が必要です。

文章構成を見抜く能力は、自分で文章を書くことによって力をつけることができます。

例えば、毎日日記を書く・作文を書くなどです。

それを続けることで自ずと文章構成を見抜けるようになるでしょう。

また、国語力を養うためには音読をすることも効果的です。

声に出して読むことで、文章構成がどのようになっているのかを知ることができるからです。

日本語において、助詞・助動詞は文章を作るに当たって重要な要となります。

助詞・助動詞の性質を理解することができれば文章を書く力も読み解く力も格段に上がります。

例えば、「を・に・は・て」などです。

何を当てはめるかにによって、後に続く文章の内容を変わります。

これらは理屈で学ぶよりも、感覚として身体に馴染ませる方が手っ取り早いです。

むしろ理屈で覚えようとすると混乱を招きかねないです。

音読は小学生のときによく宿題として出されたと思いますが、 これを怠ってはいけません。

読み間違えることなくスラスラ文章を読むことができるようになるまで繰り返し音読をすることをおすすめします。

もちろん、早く読めれば良いというわけではありません。

一つ一つの音を丁寧に区切り、感情を込めて読むことが大切です。

そうすることで、筆者の訴えかけたいポイントが次第に分かるようになってきます。

 

以上のことを意識すれば、国語力が身につき、読解力や文章力がつきます。

それによって、他の教科の問題も「何を問われているのか」をしっかり把握した上で取り組めるので、正答率は上がってきます。

ぜひ、今からでも取り組んでみてはいかがでしょうか。