勉強ができる人・成功者には共通点があります。

今回は「セルフイメージ」についてお話しさせて頂きます。

セルフイメージとは自分が自分自身で思い浮かべるイメージのことです。

あなたのセルフイメージはどうでしょうか?

 

あなたの思い描く自分は、素敵な自分だったでしょうか?

それとも、あまり良くない自分だったでしょうか?

セルフイメージは自分で自分のことをどう思っているのかということが分かります。

つまり、これは潜在意識に直結します。

潜在意識が自分自身をどう思い描いているのかが浮かび上がってきます。

このセルフイメージで思い描けなかったことは、まず実現することは不可能でしょう。

自分のセルフイメージ、つまり潜在意識に沿って行動をするのですから、セルフイメージの範囲外の物は当然達成することはできません。

ですから、自分のセルフイメージと人生は連動しているということをしっかり頭に刻んでおく必要があります。

例えば、

私は○○だ。

に当てはまるものを書いてみてください。

それが、あなたの現在のセルフイメージ、つまり現段階で実現可能なものです。

もう分かって頂けたかとは思いますが、セルフイメージを変えることが重要なのです。

今の状況がどうかなんて関係ありません。

潜在意識が、できると思うかどうかが重要なのです。

根拠がなくても潜在意識にインプットできてしまえば良いのです。

勉強ができるようになりたいのであれば、「自分は勉強を出来るようになれる」と心の底から言い切れるくらいになれば自然と行動に移し、できるようになってきます。

たとえ、顕在意識が「そんなの無理だ。できるはずがない。」とストップをかけてきても、断固としてそれに負けてはいけません。

習慣化されるまでは、「いや、できる。不可能じゃない!」と言い聞かせましょう!

そうすることで、セルフイメージに少しずつ浸透していくことでしょう。