内申点を上げるために欠かせない3つの秘訣

 

高校入試において、内申点は非常に大きく合否を左右します。

岐阜県では

1年生の内申+2年生の内申+3年生の内申×2

で合計点が出ます。

内申点が高ければ高いほど合格に大きく近づきます。

ここでは、内申を上げるために欠かせない3つの秘訣を紹介します。

 

 

内申点を上げるために欠かせない3つの秘訣

「どうやって内申点をあげるのか?」と疑問をお持ちの方も多いと思います。

そこで、内申点を上げるための3つの秘訣をご紹介します。

 

 

授業態度

教壇から見渡すことのできる先生は、容易に生徒一人ひとりを把握することができます。

うまく隠れてやり過ごしていると思っても、何をしているか先生にはお見通しなのです。
授業中に、授業に関係ないことをしている生徒は内申が上がることはないでしょう。

授業中は先生の話を良く聞き、時には頷いてみたりして、授業に対する真面目な姿勢をアピールしましょう。

 

提出物

提出物の期限は絶対に守りましょう。

内申を上げるためには、期限内に提出することは絶対条件です。

期限を過ぎてしまうと、非常に目立ってしまい、悪い印象を持たれてしまいます。

ちょっとした提出物でも、怠ることなく必ず期限を守るようにしましょう。

 

定期テスト

言うまでもなく、定期テストは非常に重要です。

もちろん授業などで行う小テストや単元テストも評価対象です。

日頃からコツコツ勉学に取り組み、いつでもテストに対応できるように備えておきましょう。

 

 

以上の3つが内申を上げるための秘訣です。

当たり前のことを当たり前にこなすことが、何よりも一番大切なのです。

他にも、先生に良い印象を持っていただく必要があります。

この件に関しましては、

「内申点をあげるための7つの手段」

と言う記事でご紹介させていただきます。

早い段階から内申を上げて、入試の負担を減らしていきましょう!