「品詞」とは何か?
漠然としすぎて、案外説明できないのではないでしょうか?

「品詞」とは、文法上の働きや性質の違いによって、単語を11種類に分けたものの事を指します。
実際に一つずつ確認していきましょう!

◎自立語には、9種類の品詞が存在します。

①動詞・・・(例)起きる(動作・存在を表す)

②形容詞・・・(例)優しい(状態・性質を表す)

③形容動詞・・・(例)軽やかだ(状態・性質を表す)

④名詞・・・(例)机(物事の名前を表す)

⑤代名詞・・・(例)彼(物事をさし示す)

⑥副詞・・・(例)もっと(用言を修飾する)

⑦連体詞・・・(例)あの(体言を修飾する)

⑧接続詞・・・(例)しかし(文と文を接続する)

⑨感動詞・・・(例)もしもし(感情を表す)

◎付属語では、2種類の品詞が存在します。

⑩助動詞・・・(例)ない

⑪助詞・・・(例)が

以上の11種類が品詞です。
一つ一つにスポットをあてて勉強していきましょう!