「付属語」とはどういう意味か説明できますか?
名前から推測できる方もいるかもしれません。

「付属語」とは、一語だけでは言葉として意味が分からない単語の事を指します。
「自立語」とは真逆の存在ですね。

さっそく、次の文を一緒に見ていきましょう。
「この木は切れないのです。」

文節に区切りましょう。
「あの/星/を/目指して/ロケット/が/飛ぶ。」

単語に区切りましょう。
「あの/星/を/目指し/て/ロケット/が/飛ぶ。」

意味が通じない単語は、「を」「て」「が」になります。
文節・単語がよくわからない方は、文節や単語の記事を読んでからにしましょう!

付属語の特徴ですが、必ず自立語の後について、文節の一部となります。
付属語だけでは意味が通じないのですから、自立語の後にくっついて初めて意味をなすというわけです。

品詞を勉強していく中で理解を深めていきましょう!