「勉強のやり方が分からない」

「できるだけ早く目標点に到達したい」

「試験までに時間がない」

「ライバルに差を付けたい」

そう思っている方も多いと思います。

高得点を取る子はどのような勉強をしているのでしょうか。

まず、勉強法について知る必要があります。

主に大きく分類させるのが、簡単な反復作業を用いた勉強法と構造そのものをしっかり理解する勉強法です。

英語の勉強の際に、意味を理解できないままただひたすら繰り返し読み続け、英文や日本語訳を丸暗記する。

このような学生は簡単な反復作業を用いた学習方法を使って取り組んでいるといってよいでしょう。

一方、構造そのものをしっかり理解する勉強法は、英語や日本語訳をただ丸暗記するのではなく、英文の文法構造をしっかり把握した上で読んでいきます。

他にも

・「どうしてこうなるのか」を常に考える

・物事の関係性を意識して理解する

・語句がどのような意味なのかを頭の中で説明してから覚えるようにする

・人名が出たら、その人が何をし、どのようなことを行ったのかを調べる

・見直しをしっかりする

などが構造そのものをしっかり理解する勉強法を用いて取り組んでいる人に共通するものです。

どちらが良いかはだいたい予想はつくと思いますが、構造そのものをしっかり理解する勉強法が記憶にしっかり残るため良いです。

では、構造そのものをしっかり理解する勉強法を行えば成績が上がるのかと言うとそうでもないのです。

定期テストなど短期的なテストにおいては、簡単な反復作業を用いた勉強法の方が力を発揮します。

しかしながら、最終的には忘れてしまう。

では、どうしたら良いのでしょうか。

それは、本人が置かれている状況・場面に合わせて有効性が高い方の学習方法を選択し、使い分けることで解決されます。

いつも同じ方法でうまくいくことはありません。

その場のケースに合わせて変えていきます。

例えば、テキストや問題があまりにも理解できない時には、簡単な反復作業を用いた勉強法が有効な時が多いです。

わからない単語を調べる際にも、辞書で調べた方が有効な場合とインターネットや先生に聞いた方が有効な時もあります。

この二つを自分に合った形でうまく使い分けることのできる子が高得点を取ることのできる子なのです。

もちろん最初は誰もが自分に合った使い分けを身に着けているわけではありません。

この主な二つの方法を意識的に勉強に取り組む中で必ず身に着けられるものです。

定期テストも入試も高得点を狙う自分だけの効率の良い勉強法を身に着けていきましょう。