時間をかけて勉強しているのになかなかテストの点が伸びないといいう経験はありませんか?

それは、効率が悪い勉強をしている可能性が高いです。

効率の悪い勉強法をしていないかどうかを一緒にチェックしていきましょう。

 

作業的に終わらせて勉強したつもりになっている

ノートまとめや教科書に線を引いただけで満足してしまっていませんか?

作業をする中で覚えることができる場合もありますが、作業自体が目的になってしまうとなかなか覚えることができません。
時間を費やしたのに定着していないという事態を招きかねません。

仮にしっかり覚えることができても、アウトプットの練習が足りないと実践力が身につかず、結局解けないという状況に陥ります。

作業だけに集中するのではなく、実戦問題を取り組み、知識をしっかり身につけましょう。

 

問題を解いて終わりにしている

実戦問題に取り組み、わからないところや間違えた問題があったときに、なぜ間違えたか、どこがわからなかったかを解決せずに次の問題へ行ってしまう人は要注意です。
理解できていない部分がそのままになり、いつまでも同じところでつまずき、いくら先へ進んでも全く定着に至りません。

わからなかったところや間違えたところは、解説を読んだり学校や塾で質問したりして、早期に解消しましょう。

また、理解したら終わりではなく、再度同じ問題・類似問題を解き直して理解から定着まで持っていくことが大切です。

実戦問題を行い、解き直しを繰り返すことで結果的に効率よく解法や知識を身につけられることになります。

急がば回れとはまさにこのことですね。

 

暗記を避けようしている

暗記は効率が悪いと思っている人もいるかもしれませんが、結局覚えないとできない問題は多く存在します。

覚えていないと同じポイントでいつもつまずくことになるため非効率です。
例えば英語の文法はバッチリなのに英単語を覚えていないがために解答できないという事態。

これは非常にもったいないですよね?

また、一見暗記が不要だと思われる数学や算数でも、解法や公式を覚えないと解くことはできません。

解法を覚えることを避けていると、毎回時間をかけて解法をひねり出して公式を自分で見つけることになってしまいます。

最低限の英単語や数学・算数の基礎的な解法・公式は、暗記するように心がけましょう。

 

一度で一気に覚えようとする

単語帳や参考書の内容を一気に全部覚えようする人もいるでしょう。

時間かけてじっくり読んで一気に覚える・・・

一度で覚える方が効率的だと思うかもしれませんが、記憶の定着には反復が重要です。
一度にすべて覚えようとしてもすぐに忘れてしまうのが人間です。

よって、一気に読むことは非効率だと言えます。

暗記すべき内容は、繰り返し何度も見直して覚えるようにしましょう。

数学などの解法・公式についても、同じ問題を何回か繰り返すことで定着するようになります。
以上の項目で思い当たるものがある人はいませんでしたか?

効率のいい勉強は必ずあなたの点数結びつきます。

非効率的な勉強法をしていないかどうか確認しながら、効率よく定着できるようにしていきましょう。

保護者様方も、もしお子様が効率的でない勉強法をしているようでしたら、ぜひこの記事を見せてあげてください。