2018年11月1日の新聞の記事を見て、驚きました!
なんと、岐阜県公立高校入試の定員が複数の学校で削減されていました。

今年度、定員が増減していた高校を以下の高校になります。

岐阜商業高校  流通ビジネス   160人→120人(40人減)
各務原西高校  普通科      320人→280人(40人減)
山県高校    普通科       80人→120人(40人増)
        ビジネスコース   80人→ 0人(80人減)
羽島高校    普通科      200人→160人(40人減)
揖斐高校    普通科       40人→ 60人(20人増)
        ビジネスコース   40人→ 0人(40人減)
        生活環境      80人→ 60人(20人減)
大垣西高校   普通科      240人→200人(40人減)
大垣商業高校  総合ビジネス   160人→120人(40人減)
郡上北高校   普通科       80人→120人(40人増)
        ビジネスコース   40人→ 0人(40人減)
郡上高校    食品流通      40人→ 0人(40人減)
        森林科学      40人→ 0人(40人減)
        総合農業学科群   0人→ 80人(80人増)
        総合        40人→ 0人(40人減)
瑞浪高校    普通        80人→ 70人(10人減)
        生活福祉      80人→ 70人(10人減)
土岐紅陵    総合       120人→105人(15人減)
土岐商業    ビジネス     160人→120人(20人減)
        ビジネス情報    40人→ 35人( 5人減)
恵那南     総合        80人→ 60人(20人減)
益田清風    ビジネス会計    40人→ 0人(40人減)
        経営情報      40人→ 0人(40人減)
        ビジネス情報    0人→ 40人(40人増)

  合 計      14,010人 → 13,570人 (440人減)

学習効率が7倍上がり、80%の生徒が自分自身より上の学年の合格水準に成績が上がったAI(人工知能)学習システムを岐阜県西濃地区で初導入!

今ならAI(人工知能)学習システムの無料体験受付中!(岐阜県西濃地区、大垣市の小学生~高校生対象)

AI(人工知能)学習システムの詳細はこちら