あなたのお子さんは、「面倒くさい、勉強して何になる、頑張っても一緒」などと、否定的な言葉ばかり言っていませんか?

そういうときに、親御さんに

「やればできるようになるから励ます」

「お子さんはきっとできるようになると信じる」

これは、大事な声掛けではあるのですが、実際それができないから困っているという場合が少なくありません。

また、お子さんに「勉強の必要性、日々の勉強の仕方」お話することは重要なことではあります。

しかし、そもそも勉強に対して否定的になっている子に、いくら勉強の話をしても、逆効果になってしまうこともございます。

原因は、それまで育ってきた家庭環境、学校の友だちまで要因は様々ですから、生徒一人ひとり皆、異なります。

しかしそうはいっても、共通することもあります。

例えば、「小さい時から勉強に対してネガティブなイメージを植え付けられている」というものです。

これは、一種のトラウマとして、その後ずっと根強く残ります。

勉強が嫌いな子は、だいたいこのような経験をどこかでしています。

その後、勉強がうまくいかず、褒められることもなく現在に至るという子は非常に多いです。

ですから、こうした“トラウマ”を取り除かない限りは、励ましたり根性論を言ってみたりといった声かけをしたところで、何も変わりません。

ときに悪化することすらあります。

では、いったいどうすればいいのでしょうか。

子どもの勉強に対するで「できないというイメージや勉強が嫌い」と言う印象をなくす必要があるのですが、その前にある事実を知らなくてはなりません。

それは、「親の勉強に対するトラウマ」です。

これがあると、子どもも勉強に対して否定的になっていることが多いです。

「勉強はつらいと思うけど頑張りなさい。皆やっているんだから」といった根拠のないお説教や、「勉強しなさい!」など言われたらやりたくなくなる言葉を発したりしていないでしょうか?

もちろん、親が勉強好きであった、つまり否定的な言葉を聞かされていないにも関わらず、子どもが勉強嫌いになるケースもあります。

その場合の大きな原因として、「自分の時はしっかりやったのに、なぜうちの子はやらないのだ!」と自分と同じでないことにイライラを募らせ、勉強への自然の流れを作らずに、強制的にやらせてしまった場合があります。

簡単に言えば、親自身の意識の中に「勉強=難しい、面倒、つまらない、嫌なこと、強制されるもの」といったものが深く入り込んでおり、知らず知らずのうちに「否定的な声掛け」「否定的な行動」 として表に出てきているということです。これを断ち切る必要があります。

そのまま放っておくと、トラウマを拭い去るのにかなりの時間を費やすことになってしまいます。

では、「勉強=難しい、面倒、つまらない、嫌なこと、強制されるもの」と思っていらっしゃる親御さんは、どうすればいいのでしょうか。

それは「親自身が考え方を変える」ということです。

「親の学歴は子どもには本来影響しないと考える」ことが重要です。

「親自身が、自分は学歴が高いと思っているのであれば、それを子どもに無理強いして強制してはいけません。逆に学歴が低いと思っているのであれば、劣等感を持つ必要は全くありません。」

なぜなら、親と子は別人格であり、全く同じ考えを持っているとは限らないからです。

つまり、親さんの優越感や劣等感といった感情的なものによって決まっていくのです。

以上のように、親自身が、まず自分を責めるのではなく、自分を振り返り、勉強や学歴に対してどういう認識を持っているのかを確認することが重要です。

あまり重く考えずに、サクッと軽く修正する程度で大丈夫です。

すると、お子さんの勉強に対する姿勢も「自然」に変わっていくはずです。

そして次第に、お子さんにやる気を引き出す言葉も投げかけられるようになっていくことでしょう。