単語の中には日本語では使い分けをしないが、英語ではニュアンスが違い、使い分けるものがあります。
今回はその中でも使い分けの種類が多いものを例に挙げます。
違いを理解しましょう。

 

1) 客

visitor : 観光、商用などで訪れる訪問客

He is a visitor from Gifu.

customer : 商店へ買い物に来る買い物客

The customer is always right. (お客様は神様です)

guest : 食事・パーティーなどへの招待客、ホテルなどの宿泊客

We have a lot of guests during the winter vacation.

passenger : バス、電車などの乗客

All the passengers should be on board.

client : 弁護士など専門家への依頼人

He is a lawyer with many clients.

 

2) 約束
promise : [一般的な意味の] 約束

He kept his promise to help her.

reservation : ホテル、乗り物などの予約

Have you made the flight reservation yet?

appointment : 人と会う約束、診察の約束

I have an appointment to see my teacher.

 

このような使い分けをする単語は他にもたくさんあります。
自分なりにまとめておいて、いつでも見直せるようにしておくと、模試や入試でも役立ちます。