センター試験を受験する際に選ばなければならないことがたくさんあります。
そのうちの一つが、「世界史」「日本史」「地理」の地歴3科目のどれを選択するかです。
受験生の進路を大きく左右される選択の一つと言っても過言ではないでしょう。
今回は、センター試験における世界史・日本史・地理の傾向と選び方についてご紹介します。

センター各科目の受験者数・平均点の傾向
近年では、世界史の受験者数は年々減少傾向にあると言われています。
日本史は、3科目の中で受験者数1位になる年が大半です。
地理は、年々増加傾向にあります。

次に、センター試験における地理科目の平均点を見てみましょう。

【2014年度センター試験の平均点】
世界史A…47.78
世界史B…68.38日本史A…47.7
日本史B…66.32地理A…51.76
地理B…69.68

【2015年度センター試験の平均点】
世界史A…47.37
世界史B…65.64日本史A…45.64
日本史B…62.01地理A…51.4
地理B…58.59

【2016年度センター試験の平均点】
世界史A…42.07
世界史B…67.25日本史A…40.81
日本史B…65.55地理A…52.14
地理B…60.10

上記のデータの通り、平均点は3科目ともに年度によってばらつきがあります。
つまり、平均点からどの科目が簡単かを判断することは非常に難しいという事です。
平均点を頼りに決めるのはやめておきましょう。
地歴科目の難易度
地歴科目の難易度で一般的に、簡単とされているのは地理です。
なぜなら、日常生活で得られる知識をそのまま勉強に活用できるからです。
一方、歴史は世界史・日本史両方とも範囲がかなり広大です。
社会は暗記科目だと言われてはいますが、地理は歴史に加えて暗記事項が少なく、データから読み取る問題が多いので、短期間で得点を伸ばせます。
しかし、地理で9割以上の点数を取ることはとても難しいと言われています。
先ほどもご説明した通り、歴史とは異なり、時事問題や図表の読み取りに関する問題も多く出題されるため、知識を柔軟に活用する必要があるからです。
短期間で上がりやすいが、極めにくいというのが地理の特徴と言えるでしょう。
歴史はほぼ暗記です。
地理科目に比べ高得点を狙いやすいです。
しかし、その分勉強時間を増やさなければいけません。
だからと言って、他教科の勉強を疎かにして歴史科目だけを勉強するのはいけません。
他教科とのバランスはしっかり取りましょう。

科目選択
社会の科目は、大学・学部・学科によっては、二次試験で地歴科目を使うところもあれば、センター試験のみで終わるところもあります。
世界史・日本史は上位大学の文系を目指す場合、二次試験でよく利用されています。
そのため、文系であれば多くの受験生が世界史か日本史を選択します。
また、世界史か日本史かを選択する際にも注意が必要となります。
中学校では主に日本史の内容を中心に学んできたはずです。
高校入学の時点ですでに知っている知識量が異なります。
それに対して、世界史はゼロからのスタートとなるでしょう。
しかし、入りたい学部・学科によっては世界史を必須科目に指定しているところもたくさんあります。自分の希望大学の受験科目をしっかり調べた上で決定するのが一番良いかと思います。まずは、進路を早い段階で固めてしまいましょう!