byとuntil / till はどちらも「まで」という意味で使われますが、両者の違いを正しく理解していますか。

次のような日本文を英文に直す際、「 by 」「 until 」のどちらを使えば良いか迷った経験があるかと思います。 実は少し工夫するだけで格段に覚えやすくなるので、参考にしてください。

① これを明日までに仕上げなさい。
② 5時までずっと寝ていた。
③ 景品の引き換えは明日までです。
④ 何時まで空いていますか。

 

両者には A) 意味の違い と B) 品詞の違い があります。

A) 意味の違い
「 by : までに (期限) 」 「 until / till : までずっと (期間・継続) 」
両方とも「まで」で覚えてしまうと混乱しやすいので、「までに」「までずっと」と少し長めに覚えると良いです。 さらに、「 締め切りのby 」など、片方をイメージでとらえておくのも良いでしょう。
B) 品詞の違い
「 by : 前置詞 」 「 until / till : 前置詞・接続詞 」

 

特に混乱しやすいのが意味の違いです。 先に挙げた①~④のうち、①、②のように
「までに」「までずっと」と書かれていれば問題ないのですが、③、④のように「まで」だけ書かれている場合は自分で補う必要があります。
③ 明日までに引き換える必要がある by
④ 何時までずっと空いているか until
最後に、「 till 」と「 until 」の違いですが、until の方がtillよりフォーマルというだけで、意味の違いはありません。