英文法はテスト直前などに見直すことが出来るよう、あらかじめまとめておく必要があります。

今回もまとめノートの作り方の一例をあげます。

 

「 used to V 」と「 be used to V 」など、紛らわしい熟語が多数存在しますが、全部覚えていますか。 問題に出てきても、「どっちだったかな」「見たことある気がする」「こっちだったはず」など、曖昧な記憶に頼ったり、勘に頼ったりしていませんか。 わかりにくいなら一度きちんとまとめておき、一度見ただけでは覚えられないというのなら、何度も何度も見直せば良いのです。

 

used to

英語ノート②

※画像をクリックすると拡大画像が御覧いただけます。

このように、紛らわしい熟語を並べて書き、意味だけでなく、識別するためのポイントを合わせて書いておくとよいです。

学習効率が7倍上がり、80%の生徒が自分自身より上の学年の合格水準に成績が上がったAI(人工知能)学習システムを岐阜県西濃地区で初導入!

今ならAI(人工知能)学習システムの無料体験受付中!(岐阜県西濃地区、大垣市の小学生~高校生対象)

AI(人工知能)学習システムの詳細はこちら